イラン代表 に関する情報をまとめに紹介中!

サッカーイラン代表は、イラン・イスラム共和国サッカー連盟によって編成されるサッカーのナショナルチームである。中央アジアサッカー連盟所属。愛称のTeam Melli(チーム・メッリ)とはペルシア語で「国民のチーム」を意味する。

スタジアム
アザディ・スタジアム

イランの首都テヘランにあるスタジアム。イラン・イスラム共和国放送(IRIB)は、「アーザーディスタジアム」と表記している。
公式な収容員人数は84,412人で、1974年のアジア競技大会の為に建設された。1997年11月21日に開催された1998 FIFAワールドカップ・大陸間プレーオフ (AFC-OFC)で128,000人の入場者数を記録している。さらに完成から40年以上が経ち老朽化が激しくなったことから、上部観客席を閉鎖している。

スタジアム名のアーザーディーはペルシア語で自由を意味する。なお、テヘラン市内には他にもイラン革命を期として名称変更されたアーザーディー広場やアーザーディー・タワーなど「自由」の名前を冠した建築物が複数存在する。

歴史

AFCアジアカップで3度(1968年、1972年、1976年)、アジア大会で4度(1974年、1990年、1998年、2002年。2002年以降はU-23の大会)、西アジアサッカー選手権で4度の優勝歴を有する。

FIFAワールドカップは1978年大会で初出場。これまで1998年大会、2006年大会、2014年大会に出場しているが、4大会ともグループリーグで敗退している。なお、W杯での初勝利は、1998年大会のアメリカ戦(2-1)である。

2010年大会のアジア最終予選では、敗戦こそサウジアラビアの1敗のみだったものの、勝ちきれない試合が多く韓国や北朝鮮の後塵を拝し予選で敗退した。

2017年6月12日、アジア3次予選で首位通過が確定し、2018年大会への出場が決定した。なおこの2018年大会予選では2次予選、3次予選全18試合を無敗で終え、さらに2015年11月12日のトルクメニスタン戦以降、予選新記録となる1121分無失点の記録を更新した。

成績
ワールドカップの成績
AFCアジアカップの成績
監督
カルロス・ケイロス Carlos Queiroz
1953年 3月 1日、モザンビーク・ナンプラ生まれ。 1993年にポルトガル代表監督に就任するが、ワールドカップ出場を逃して解任された。 1996年からJリーグの名古屋グランパスを 2年間指揮した。 2004年にスペインリーグのレアル・マドリード監督に就任したが、成績不振で解任された。 2008年 7月 11日にポルトガル代表監督に復帰。2010年のワールドカップでは決勝トーナメント 1回戦で敗退した。 欧州選手権ユーロ2012予選で 2連敗スタートを喫し、2010年 9月 9日に解任された。 2011年 4月 4日にイラン代表監督に就任。契約は 3年半。 2014年のワールドカップに出場したが、1勝もできなかった。大会後の 8月に 2018年まで契約延長した。 2015年のアジアカップは準々決勝で敗退した。 2015年 3月 21日に協会との不和により退任したが、4月に和解して復帰した。
選手-2018年 3月発表 国際親善試合に向けた代表メンバー
GK
1アリレザ・ベイランバンド
(Alireza Beiranvand)
ペルセポリス1992.9.21
12ホセイン・ホセイニ
(Hossein Hosseini)
エステグラル1992.6.30
22モハマド・ラシド・マザヘリ
(Mohammad Rashid Mazaheri)
ゾブ・アハン1989.5.18
30アミル・アベザデー
(Amir Abedzadeh)
マリティモ
(ポルトガル)
1993.4.26
DF
2ブーリア・ガフォーリ
(Vouria Ghafouri)
エステグラル1987.9.20
4ジャラル・ホセイニ
(Jalal Hosseini)
ペルセポリス1982.2.3
5ミラド・モハマディ
(Milad Mohammadi)
アフマド・グロズヌイ
(ロシア)
1993.9.29
8モルテザ・プーラリガンジ
(Morteza Pouraliganji)
アルサッド
(カタール)
1992.4.19
13ルズベア・チェシュミ
(Rouzbeh Cheshmi)
エステグラル1993.7.24
15ペジマン・モンタゼリ
(Pejman Montazeri)
エステグラル1983.9.6
23ラミン・レザイアン
(Ramin Rezaeian)
オーステンデ
(ベルギー)
1990.3.21
24サイード・アガイー
(Saeid Aghaei)
セパハン1995.2.9
26モハマド・レザ・ハンザデー
(Mohammad Reza Khanzadeh)
パディデア1991.5.11
MF
3エフサン・ハジサフィ
(Ehsan Hajsafi)
オリンピアコス・ピラエウス
(ギリシャ)
1990.2.25
6サイード・エザトラヒ
(Saeid Ezatolahi)
アムカル・ペルミ
(ロシア)
1996.10.1
7マスード・ショジャエイ
(Masoud Shojaei)
AEKアテネ
(ギリシャ)
1984.6.9
9オミド・イブラヒミ
(Omid Ebrahimi)
エステグラル1987.9.16
11バヒド・アミリ
(Vahid Amiri)
ペルセポリス1988.4.2
14アリ・カリミ
(Ali Karimi)
セパハン1994.2.11
18アリレザ・ジャハンバフシュ
(Alireza Jahanbakhsh)
AZアルクマール
(オランダ)
1993.8.11
21アシュカン・デジャガー
(Ashkan Dejagah)
ノッティンガム
(イングランド)
1986.6.5
25メフディ・トラビ
(Mehdi Torabi)
サイパ1994.9.10
27サマン・ゴッドス
(Saman Ghoddos)
エステルスンド
(スウェーデン)
1993.9.6
FW
10カリム・アンサリファルド
(Karim Ansarifard)
オリンピアコス・ピラエウス
(ギリシャ)
1990.4.3
16レザ・グーチャンネジャド
(Reza Ghoochannejhad)
ヘーレンフェーン
(オランダ)
1987.9.20
17メフディ・タレミ
(Mehdi Taremi)
アルガラファ
(カタール)
1992.7.18
19カベ・レザエイ
(Kaveh Rezaei)
シャルルロワ
(ベルギー)
1992.4.5
20サルダル・アズムーン
(Sardar Azmoun)
ルビン・カザン
(ロシア)
1995.1.1
28アリ・ゴリザデー
(Ali Gholizadeh)
サイパ1996.3.10
ジャバド・ネクナム

イラン・テヘラン州出身の元サッカー選手、サッカー指導者。元イラン代表である。ポジションはミッドフィールダー。

2000年1月のエクアドル戦でイラン代表デビューし、2002 FIFAワールドカップ・アジア予選中にレギュラーポジションを獲得した。2015年まで、151回出場に経つ。イラン代表で最多出場選手を獲得します。

アリ・ダエイ(アリー・ダーイー、ペルシア語: علی دائی‎ Alī Dā’ī、1969年3月21日 – )は,イラン出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはFW。イランスポーツ界の英雄的存在であると共に1990年代のアジアを代表する名ストライカー。149試合に出場した国際Aマッチにおける通算109得点は世界記録である。

国歌
イラン代表 最近 1年の結果と今後の日程
2017/6/4国際親善試合モンテネグロ12イラン
2017/6/12W杯アジア最終予選イラン20ウズベキスタン
2017/8/31W杯アジア最終予選韓国00イラン
2017/9/5W杯アジア最終予選イラン22シリア
2017/10/5国際親善試合イラン20トーゴ
2017/10/10国際親善試合ロシア11イラン
2017/11/9国際親善試合イラン21パナマ
2017/11/13国際親善試合ベネズエラ01イラン
2018/3/17国際親善試合イラン40シエラレオネ
2018/3/23国際親善試合チュニジア10イラン
2018/3/27国際親善試合イラン21アルジェリア
2018/6/15ワールドカップ モロッコ vs イラン
2018/6/20ワールドカップ イラン vs スペイン
2018/6/25ワールドカップ イラン vs ポルトガル

*【代表2018ワールドカップ】~はこちらをクリック!

サッカーモロッコ代表 相関情報を披露中!

こんにちは、いつもブログをご覧んありがとうございます。今日、SISショップはモロッコ代表を紹介します。

サッカーモロッコ代表は、モロッコサッカー連盟(FRMF)により構成されるモロッコのサッカーのナショナルチーム。

ホームスタジアム

スタッド・ド・マラケシュ 収容人数:45,240人

モロッコのマラケシュにある多目的スタジアム。国際陸連クラス1認証スタジアム。 2011年に完成。2013年と2014年にはFIFAクラブワールドカップの会場として使用された。また2014年にはコンチネンタル杯が行われる。

スタッド・アドラール 収容人数:45,480人

2013年に開幕したアガディールのマルチスタジアムで、サッカーの試合に主に使用されています。 モロッコがホスト国に選出されたならば、2010 FIFAワールドカップの試合を行うことになっていた。

概要

FIFAワールドカップでは1970年メキシコ大会に初出場し、1986年メキシコ大会でベスト16進出、アフリカネイションズカップでは1976年エチオピア大会で優勝、1994年アメリカ大会と1998年フランス大会に連続出場するなど、アフリカの中では早くから存在感を発揮してきた。しかし、最近はワールドカップ本大会出場も1998年フランス大会を最後に遠ざかっていたが、2017年11月11日、2018年ロシア大会アフリカ3次予選最終節(第6節)のコートジボワール戦に2-0で勝利し、グループC1位の確定で1998年大会以来5大会ぶりとなるワールドカップの出場権を獲得した。

監督

エルベ・ルナール Hervé Renard
1968年 9月 30日、フランス・エクセレバン生まれ。 フランス下部リーグで監督経験を積み、 2008年にザンビア代表監督に就任した。 2010年のアフリカ選手権は 8強入りした。 その年の 10月に退任したが、2011年 11月に復帰し、2カ月後のアフリカ選手権で優勝した。 2013年のアフリカ選手権はグループステージで勝利できずに敗退した。 2014年のワールドカップはアフリカ 2次予選で敗退し、2013年 10月に解任された。 直後にフランスリーグのソショー監督に就任したが、成績が振るわずに 2014年 5月に退任した。 2014年 7月にコートジボワール代表監督に就任し、2015年のアフリカ選手権で優勝した。 2つの国の代表監督を務めてアフリカ選手権を制覇したのは史上初となった。 大会終了後に退任し、フランスリーグのリール監督に就任した。 2016年 2月にモロッコ代表監督に就任し、2017年のアフリカ選手権で 8強入りした。 2018年のワールドカップはアフリカ予選を勝ち抜いて 5大会ぶりの本大会出場を果たした。

代表選手-2018年 3月発表 国際親善試合に向けた代表メンバー

GK
1ヤシン・ブヌ
(Yassine Bounou)
ジローナ
(スペイン)
1991.4.5
12ムニル
(Munir Mohamedi)
ヌマンシア
(スペイン)
1989.5.10
22アーメド・レダ・タグナウティ
(Ahmed Reda Tagnaouti)
タンジェ1996.4.5
DF
2アクラフ・ハキミ
(Achraf Hakimi)
レアル・マドリード
(スペイン)
1998.11.4
3ハムザ・メンディル
(Hamza Mendyl)
リール
(フランス)
1997.10.21
4マヌエル・ダコスタ
(Manuel da Costa)
イスタンブールBB
(トルコ)
1986.5.6
5メフディ・ベナティア
(Medhi Benatia)
ユヴェントス
(イタリア)
1987.4.17
6ロマン・サイス
(Romain Saiss)
ウォルヴァーハンプトン
(イングランド)
1990.3.26
17ナビル・ディラール
(Nabil Dirar)
フェネルバフチェ
(トルコ)
1986.2.25
24バドル・バヌン
(Badr Banoun)
ラジャ1993.9.30
25ワリド・エルハジャム
(Oualid El Hajjam)
アミアン
(フランス)
1991.2.19
MF
7ハキム・ツィエク
(Hakim Ziyech)
アヤックス・ケープタウン
(オランダ)
1993.3.19
8カリム・エル・アハマディ
(Karim El Ahmadi)
フェイエノールト
(オランダ)
1985.1.27
9ソフィアン・ブファル
(Sofiane Boufal)
サウサンプトン
(イングランド)
1993.9.17
10ユネス・ベンハルダ
(Younes Belhanda)
ガラタサライ
(トルコ)
1990.2.25
11ファイサル・ファジル
(Faycal Fajr)
ヘタフェ
(スペイン)
1988.8.1
14ムバルク・ブソッファ
(Mbark Boussoufa)
アルジャジーラ
(アラブ首長国連邦)
1984.8.15
16ノルディン・アムラバト
(Nordin Amrabat)
レガネス
(スペイン)
1987.3.31
18アミーヌ・アリ
(Amine Harit)
シャルケ04
(ドイツ)
1997.6.18
21ソフィアン・アムラバト
(Sofyan Amrabat)
フェイエノールト
(オランダ)
1996.8.21
26ザカリア・ラビャド
(Zakaria Labyad)
ユトレヒト
(オランダ)
1993.3.9
27ヤシン・アユブ
(Yassin Ayoub)
ユトレヒト
(オランダ)
1994.3.6
28ユセフ・エイ・ベナセル
(Youssef Ait Bennasser)
カーン
(フランス)
1996.7.7
FW
13ハリド・ブタイブ
(Khalid Boutaib)
マラテヤスポル
(トルコ)
1987.4.24
15アユブ・エルカービ
(Ayoub El Kaabi)
ベルカネ1993.6.26
19ヤシン・バム
(Yacine Bammou)
ナント
(フランス)
1991.9.11
20アジズ・ブハドゥズ
(Aziz Bouhaddouz)
ザンクトパウリ
(ドイツ)
1987.1.29
23ワリド・アザロ
(Walid Azaro)
アルアハリ
(エジプト)
1995.10.6
 

モロッコ代表 2018 W杯アウェイユニフォーム
リークされた画像によると新アウェイユニフォームは白基調で肩とチェストストライプに赤を使ったデザインとなっている。 

成績

FIFAワールドカップ
アフリカネイションズカップ

国歌

モロッコ代表 最近 1年の結果と今後の日程

2017/8/13国際親善試合エジプト11モロッコ
2017/8/18国際親善試合モロッコ31エジプト
2017/9/1W杯アフリカ最終予選モロッコ60マリ
2017/9/5W杯アフリカ最終予選マリ00モロッコ
2017/10/7W杯アフリカ最終予選モロッコ30ガボン
2017/10/10国際親善試合韓国13モロッコ
2017/11/11W杯アフリカ最終予選コートジボワール02モロッコ
2018/1/13国際親善試合モロッコ40モーリタニア
2018/1/17国際親善試合モロッコ31ギニア
2018/1/21国際親善試合モロッコ00スーダン
2018/1/27国際親善試合モロッコ20ナミビア
2018/1/31国際親善試合モロッコ31リビア
2018/2/4国際親善試合モロッコ40ナイジェリア
2018/3/23国際親善試合セルビア12モロッコ
2018/3/27国際親善試合モロッコ20ウズベキスタン
2018/6/15ワールドカップ モロッコ vs イラン
2018/6/20ワールドカップ ポルトガル vs モロッコ
2018/6/25ワールドカップ スペイン vs モロッコ

代表選手

2017.1.20 ブスファ
2017.1.20 フェイル
2017.1.16 エルアハマディ
2017.1.16 ブハドゥス

スペイン代表、W杯に向けた新ユニフォームは“あのダイヤモンド”が復活!

サッカースペイン代表(西: Selección nacional de fútbol de España)は、スペインサッカー連盟(RFEF)によって編成されるサッカーのナショナルチームである。愛称はLa Roja(ラ・ロハ、赤)。日本では無敵艦隊の愛称で知られる。

概要

FIFAワールドカップ優勝経験のある8チームのうちの1つであり、欧州ではイタリア、ドイツと共に地元開催以外でのワールドカップ優勝経験がある。UEFA欧州選手権ではドイツと共に最多タイの3回の優勝を誇り、史上初の2連覇及び欧州選手権とワールドカップの主要国際大会3連覇を達成している。また、FIFAランキングで首位に立った経験を持つ8チームのうちの1つでもある。

元来、国内にレベルの高いリーガ・エスパニョーラを擁し、ワールドカップにも1978年大会年以来連続出場を続けるなど、歴史的に世界でも強豪国の一つとみなされてきた。しかし、ワールドカップでは、1950年大会で4位になった他は長らく8強が最高成績であり、「永遠の優勝候補」などと揶揄された時期もあった。またワールドカップの初戦成績は2014年現在、4勝3引き分け7敗と優勝候補にしては結果が奮わなく、20世紀後半のワールドカップにおいての初戦勝利は1950年のみである。

2010 FIFAワールドカップ後の優勝パレード

しかし2010年頃は高精度のパスと圧倒的なボールキープ力を背景にゲームを支配するポゼッションサッカー(ティキ・タカ)のスタイルを確立し、ワールドカップ優勝など偉大な実績を挙げた。

近年はクリーンなプレーでも知られ、2006 FIFAワールドカップ・2010 FIFAワールドカップではフェアプレー賞を受賞している。どちらの大会も出場選手は出場停止処分を一度も受けていない。

スペイン代表 2018 ワールドカップユニフォーム

スペイン代表2018ホームユニフォーム

右側にあるダイヤモンドのグラフィックが印象深い新しいユニフォームは、1994年のワールドカップ・アメリカ大会で使用したadidas製1994-96モデルにインスパイアされたデザインとなっている。

ジョゼップ・グアルディオラ、ルイス・エンリケらを擁した94年大会は、準々決勝でイタリア代表に敗れて姿を消した。

正面から見るとよく分かるグラフィックは、チームカラーの3色(イエロー、ブルー、レッド)で彩った。

スペイン代表 2018アウェイユニフォーム
これはテキストブロックです。このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.
スペイン代表 2018ゴールキーパーユニフォーム

グリーンを基調とした今回のゴールキーパーユニフォーム。異なる太さのボーダー柄という独特なデザインは、GKキット“adiPro 2018”がベースになっている。

スペイン代表 2018ゴールキーパーユニフォーム

新しいユニフォームと同時に発表され目にする機会が多いのが、選手が移動の際や記者会見などオフピッチで着用するプレゼンテーション・ジャケット。

スペイン代表2018ジャケットユニフォーム

選手が移動の際や記者会見などオフピッチで着用するプレゼンテーション・ジャケット。

成績

FIFAワールドカップ
UEFA欧州選手権

監督

フレン・ロペテギ Julen Lopetegui Argote
1966年 8月 28日、スペイン・アステアス生まれ。 現役時代はキーパーとしてスペインリーグのラーヨ・バジェカーノなどでプレイした。 2010年からスペイン代表ユース監督を務めた。 2014年 5月にポルトガルリーグの FCポルト監督に就任し、 2016年 1月に解任された。2016年 7月 21日にスペイン代表監督に就任した。

代表選手

GK
1ダビド・デヘア
(David de Gea)
マンチェスター・ユナイテッド
(イングランド)
1990.11.7
13ケパ・アリサバラガ
(Kepa Arrizabalaga)
アスレティク・ビルバオ1994.10.3
25ぺぺ・レイナ
(Pepe Reina)
ナポリ
(イタリア)
1982.8.31
DF
2ダニ・カルビジャル
(Dani Carvajal)
レアル・マドリード1992.1.11
3ジェラール・ピケ
(Gerard Pique)
バルセロナ1987.2.2
4ナチョ
(Nacho)
レアル・マドリード1990.1.18
5セサル・アスピリクエタ
(Cesar Azpilicueta)
チェルシー
(イングランド)
1989.8.28
15セルヒオ・ラモス
(Sergio Ramos)
レアル・マドリード1986.3.30
16アルバロ・オドリオソラ
(Alvaro Odriozola)
レアル・ソシエダード1995.12.14
18ジョルディ・アルバ
(Jordi Alba)
バルセロナ1989.3.21
24マルコス・アロンソ
(Marcos Alonso)
チェルシー
(イングランド)
1990.12.28
MF
6アンドレス・イニエスタ
(Andres Iniesta)
バルセロナ1984.5.11
7サウル・バスケス
(Saul)
アトレティコ・マドリード1994.11.21
8コケ
(Koke)
アトレティコ・マドリード1992.1.8
10ティアゴ
(Thiago)
バイエルン・ミュンヘン
(ドイツ)
1991.4.11
12ロドリ
(Rodri)
ヴィジャレアル1996.6.22
20マルコ・アセンシオ
(Marco Asensio)
レアル・マドリード1996.1.21
22イスコ
(Isco)
レアル・マドリード1992.4.21
23ダニエル・パレホ
(Daniel Parejo)
ヴァレンシア1989.4.16
FW
9ロドリゴ
(Rodrigo)
ヴァレンシア1991.3.6
14ルカス・バスケス
(Lucas Vazquez)
レアル・マドリード1991.7.1
17イアゴ・アスパス
(Iago Aspas)
セルタ・ビーゴ1987.8.1
19ジエゴ・コスタ
(Diego Costa)
アトレティコ・マドリード1988.10.7
 
イケル・カシージャス

ポジションはゴールキーパー。1999年にトップチームに昇格すると、その後16シーズンで公式戦725試合に出場(ラウル・ゴンサレスに次いでクラブ歴代2位)して18タイトルを獲得した。スペイン代表として歴代最多出場、UEFAチャンピオンズリーグ歴代最多出場記録、UEFA主催クラブ大会歴代最多出場などの記録を持っている。リーガ・エスパニョーラやコパ・デル・レイ、スーペルコパなどの国内タイトルのほか、FIFAワールドカップ、UEFA欧州選手権、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップなどのメジャータイトルを主将として獲得した。

ダビド・ビジャ・サンチェス(David Villa Sánchez, 1981年12月3日 – )は、スペイン・アストゥリアス州ラングレオ出身のニューヨーク・シティFCに所属しているサッカー選手。スペイン代表である。ポジションはFW。スペイン代表歴代最多得点記録の保持者である。

スペイン代表 最近 1年の結果と今後の日程

2017/6/7国際親善試合スペイン22コロンビア
2017/6/11W杯欧州予選マケドニア12スペイン
2017/9/2W杯欧州予選スペイン30イタリア
2017/9/5W杯欧州予選リヒテンシュタイン08スペイン
2017/10/6W杯欧州予選スペイン30アルバニア
2017/10/9W杯欧州予選イスラエル01スペイン
2017/11/11国際親善試合スペイン50コスタリカ
2017/11/14国際親善試合ロシア33スペイン
2018/3/23国際親善試合ドイツ11スペイン
2018/3/27国際親善試合スペイン61アルゼンチン
2018/6/15ワールドカップ ポルトガル vs スペイン
2018/6/20ワールドカップ イラン vs スペイン
2018/6/25ワールドカップ スペイン vs モロッコ
2018/9/8UEFAネーションズリーグA イングランド vs スペイン
2018/9/11UEFAネーションズリーグA スペイン vs クロアチア
2018/10/15UEFAネーションズリーグA スペイン vs イングランド
2018/11/15UEFAネーションズリーグA クロアチア vs スペイン

スペイン代表のフォーメーション[4-3-3]

スペイン代表 ユニフォーム2018を探しなら、SISショップへどうぞ。最新シーズンのユニフォームを販売開始。10000円以上購入したら、全国配送無料。

サッカーポルトガル代表に関するアレコレ。

こんにちは、こちらはsports-instyleショップのブログでございます。今日は、ポルトガルに関するアレコレ。サッカーポルトガルにチーム歴史、最新メーバー、成績、ニュース等、紹介。

サッカーポルトガル代表(ポルトガル語: Selecção Portuguesa de Futebol)はポルトガルサッカー連盟(FPF)によって編成されるポルトガルのサッカーのナショナルチームである。

概要・歴史

1914年にポルトガルサッカー連盟が創立されました。近年では世界的な強豪国として数えられる。

FIFAワールドカップには通算6回出場、欧州選手権(EURO)は通算7回出場。ワールドカップ初出場は1966年のイングランド大会で3位に入りました。2004年の欧州選手権(EURO)はポルトガルで開催し、準優勝しています。2006年ドイツワールドカップでは、40年ぶりにベスト4に進出しました。UEFA欧州選手権2016では勝利し、3大会ぶりに決勝進出。
U-17やU-20といったユース世代で世界一の実績もあります。A代表でも世代交代を繰り返す中、世界および欧州の国際大会で実績を積み重ねています。

成績

監督

フェルナンド・サントス Fernando Santos
1954年 10月 10日、ポルトガル・リスボン生まれ。 ポルトガルリーグでのエストリルやポルトを指揮して実績を積み、 ギリシャリーグでは AEKアテネやパナシナイコスを指揮した。 2010年 7月 1日にギリシャ監督に就任した。2012年の欧州選手権に出場し、16強入りした。 2014年のワールドカップに出場して初の 16強入りを果たした。大会終了後に退任し、 2014年 9月 23日にポルトガル代表監督に就任した。 2016年の欧州選手権に出場し、初優勝を果たした。 2017年のコンフェデレーションズカップは 3位になった。

ポルトガル代表の有名選手

クリスティアーノ・ロナウド

サッカー関係者からしばしば世界最高の選手と評されるプレイヤー。バロンドールを5度受賞するなど数々の栄誉を手にした。また、レアル・マドリードの通算最多得点記録、プレミアリーグのシーズン最多得点記録、UEFAチャンピオンズリーグの通算最多得点記録・同シーズン最多得点記録などで、数々の記録を打ち立てている。サッカーポルトガル代表では主将を務めており、同国代表の歴代最多出場記録、最多得点記録の保持者であると共にUEFA欧州選手権の通算最多出場、最多得点記録保持者でもある。

ポルトガル代表として127試合に出場するなど、黄金世代の中心選手として長らく代表を支えた。その創造性とドリブル技術の高さから、1990年代で最も偉大な選手の一人とも評されている。リーガ・エスパニョーラでは通算106アシストを記録しており、これはリオネル・メッシに次ぐ歴代二位の記録である。2000年にはバロンドールを受賞し、翌年の2001年にはFIFA最優秀選手賞の受賞した。また、2004年にはペレが作成した偉大な100人のサッカー選手のリスト、FIFA 100にも選出されている。

ルイス・フィーゴ
ペドロ・パウレタ

ポルトガル・ポンタ・デルガーダ出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはFW。
プロサッカー選手として18年間プレーしたが、ポルトガルのスーペル・リーガ(1部)では一度もプレーしたことがない。経歴のほとんどをスペインとフランスで過ごし、リーグ・アンでは得点王に3度輝いた。ポルトガル代表としては88試合に出場し47得点を挙げている。FIFAワールドカップとUEFA欧州選手権に2度ずつ出場した。

ポルトガル代表 ホーム キット

ポルトガル代表 ホームキットのデザインコンセプトは、ずばり「欧州王者」。伝統的なディープレッドを基調にスウッシュ(Nikeロゴ)をはじめ各部に散りばめているゴールドが、ユーロ2016での歴史的な優勝を象徴している。

襟縁を緑で飾り、後ろ襟には国旗を配している。袖や肩のギザギザのグラフィックは、ヴェイパーニットのデザイン的な特徴だ。

アンドレ・シウヴァがモデルの画像では、シャツと同じディープレッドのパンツも確認できる。ネームナンバーもゴールドだ。ソックスは緑と白の2タイプが用意された。 

ポルトガル代表 アウェイ ユニフォーム

新しいアウェイユニフォームは2014年W杯モデル以来、4年ぶりにホワイトが復活。パンツとソックスもホワイトを基調としている。デザインは「大航海時代の歴史にちなんだシンボル」だという。

グリーンの小さな十字模様を除いては、襟周りや袖口などに他の色を使わずホワイト一色というのは、ポルトガル代表では珍しい。右胸のスウッシュ(Nikeロゴ)と胸番号はレッドで彩っている。

胸部のアップ画像。この無数の十字で一つの大きな十字を形成している。シャツの素材はホームユニフォームと同様に、ギザギザのグラフィックが特徴的なヴェイパーニットを採用。

ポルトガル代表 最近 1年の結果と今後の日程

2017/6/3国際親善試合ポルトガル40キプロス
2017/6/9W杯欧州予選ラトビア03ポルトガル
2017/6/18コンフェデレーションズカップポルトガル22メキシコ
2017/6/21コンフェデレーションズカップロシア01ポルトガル
2017/6/24コンフェデレーションズカップニュージーランド04ポルトガル
2017/6/28コンフェデレーションズカップポルトガル00チリ
2017/7/2コンフェデレーションズカップポルトガル21メキシコ
2017/8/31W杯欧州予選ポルトガル51フェロー諸島
2017/9/3W杯欧州予選ハンガリー01ポルトガル
2017/10/7W杯欧州予選アンドラ02ポルトガル
2017/10/10W杯欧州予選ポルトガル20スイス
2017/11/10国際親善試合ポルトガル30サウジアラビア
2017/11/14国際親善試合ポルトガル11アメリカ合衆国
2018/3/23国際親善試合ポルトガル21エジプト
2018/3/26国際親善試合ポルトガル03オランダ
2018/5/28国際親善試合 ポルトガル vs チュニジア
2018/6/15ワールドカップ ポルトガル vs スペイン
2018/6/20ワールドカップ ポルトガル vs モロッコ
2018/6/25ワールドカップ イラン vs ポルトガル
2018/9/10UEFAネーションズリーグA ポルトガル vs イタリア
2018/10/11UEFAネーションズリーグA ポーランド vs ポルトガル
2018/11/17UEFAネーションズリーグA イタリア vs ポルトガル
2018/11/20UEFAネーションズリーグA ポルトガル vs ポーランド

[国際親善試合 2018] ポルトガル代表 vs オランダ代表